ミノキシジルに救われた青春|薄毛になりかけた苦い思い出

髪を成長させる成分

「AGA」いわゆる男性型脱毛症を治療できる育毛剤成分として知られる「ミノキシジル」。
日本では市販薬として販売が行われている「リアップ」が有名で、この成分が誕生したのは30年以上も前の話になります。
アメリカで誕生した成分で、「高血圧症」を治療するために「phizer」が開発したものになります。
副作用に「多毛症」が見つかったことで転用され、一番はじめの育毛剤は「ロゲイン」となっています。
このロゲインは現在でも販売され、愛用者も多いのでその効果の高さを知ることができます。

【ロゲインやリアップの効果は??】
ミノキシジルには、血管を拡げる作用があります。
この作用が頭皮に起こることで、頭皮内の血行が促進されるので髪の成長を促進することが出来ます。
「なんで血行が良くなることが髪の成長につながるの?」となると思いますが、血液は栄養や酸素など運ぶ重要な役割をもっているからです。
その血液の通り道を拡げることで、多くの栄養や酸素が頭皮に送られるようになります。
すると毛穴の中にある「毛乳頭細胞」や「毛母細胞」などが活性化され、髪のどんどん生成するようになります。
しかも液剤になるので、からだの中で吸収される成分ではないので副作用の心配もほとんどいりません。
使用は最低でも半年と言われていますが、3ヶ月も過ぎると次第に髪が成長していることを実感できるようになるはずです。

【ミノキシジルの副作用】
頭皮に合わない事があるので、そうなると次のような症状が頭皮に起こります。
・発赤
・発疹
・かぶれ
・かゆみ
・ふけ
こういった症状が頭皮に現れた場合には、その人の頭皮に合っていないという事になるので、使用するのは中断して洗い流すようにしてください。

【注意】
育毛剤は液剤です。
なので、液だれを起こし生え際などには十分に成分を浸透させることは難しいです。
これから使用を検討している人は特にですが、「頭頂部のみ」に効果があると考えてください。